大阪の水宅配

水宅配メーカー選びのポイント

配送エリア

全ての水宅配メーカーが全国対応とは限りません。 このサイトを見ている人のほとんどが大阪在住だと思いますので、ほとんどの水宅配メーカーが対応していますが、もっとも最初に確認しなくてはならない項目です。 水宅配メーカー自体が配送対応するのではなく、その水宅配メーカーの代理店が対応する場合もあります。

コスト

水宅配のコストは、「水」「ウォーターサーバーレンタル料」となります。
さらに、電気代が1000円/月 程度かかると言われています。
水12L(1300円)を3〜4本程度使うのが一般的ですので、水だけで、4000円/月 必要です。
ウォーターサーバーレンタル料は、無料のところもありますが、1000円/月かかる水宅配メーカーもあります。
つまり、3000円〜5000円/月 が一般的なコストと言えそうです。

水の種類

大きく分類すると、天然水とRO水の2種類あります。 天然水は、ろ過、沈殿及び加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない、特定水源より採水された地下水のことをいいます。
RO水は、特に水の産地を特定せず、0.0001ミクロンの超微細孔のフィルター(逆浸透膜)によるろ過を施した水のことで、完全にきれいな水を作ります。 それにミネラルを配合することがほとんどです。

ウォーターサーバーのメンテナンス

ウォーターサーバーは、年に1〜2回メンテナンス必要な場合がほとんどです。 コストを考える上で、そのメンテナンス費用が無料なのか有料なのかをチェックしておく必要があります。

最低契約期間の有無

利用する水宅配メーカーによっては最低利用期間を設けているところがあります。 最低利用期間未満で解約した場合は違約金が発生する場合もありますから、最低契約期間の有無のチェックも重要です。

無料お試し制度の有無

水宅配メーカーの多くが、無料お試しサービスを行っています。 さすがに全てを試すことは難しいですが、契約してから、気に入らないとなっては困りますので、ぜひ無料お試し制度を積極利用しましょう。

支払い方法

支払い方法は、どのサービスも口座自動振替もしくはクレジットカード決済が主流ですが、中にはクレジットカード決済のみという会社もありますので、クレジットは嫌だという人は、確認が必要です。

使用済みボトルの処理

利用する会社によって、ウォーターボトルを回収する会社と回収せずに、不燃ゴミや資源ゴミとして自分で捨てる必要があるものがあります。