大阪の天然水 RO水

天然水とRO水はどう違うのか?

天然水とRO水で迷ったら

天然水

天然水とは、いわゆる「ナチュラルウォーター」のことで、農林水産省のガイドラインによると、ろ過、沈殿及び過熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない、特定水源より採水された地下水のことをいいます。 この特定水源というのがポイントで、どこの水源の水かがはっきりしているんです。
つまり、ほとんど原水に近いということです。 山登りしたときに、途中で飲む湧き水は美味しいですよね。 カルキの入っていない天然の水というのは美味しいものです。 しかも、宅配水の天然水は、選りすぐりの名水ばかりですから、贅沢の極みといえるでしょう。
ただし、RO水に比べて、やや高めのお値段です。
天然水

RO水

ROとは、Reverse Osmosis Membraneを略したもので、原水にRO膜処理(1000万分の1mmのフィルター)を施した水のことをいいます。 RO膜とは逆浸透膜ともいい、普段は、海水淡水化工場やNASAのスペースシャトルに搭載されており今注目の素材です。 RO膜処理が施された水は、純水(H2O)に限りなく近い状態になります。純水と聞くと響きはよいのですが不純物と一緒に水本来に含まれるミネラル成分も除去された単なる水ということになります。 純水は、けっして美味しいものではありません。 宅配水で、RO水と呼ばれるものは、絶妙なバランスで、ミネラルを追加しています。 そう聞くと、あまり良いイメージを受けないかもしれないですが、人間の手によって作られた理想の水になっているのです。 へたな天然水より格段に美味しいです。
また、RO水は採水地にこだわらず人工的に作ることが可能であるため、天然水と比べ、低価格で販売される傾向があるようです。 
ちなにみ、ミネラルを追加しない純粋なRO水が欲しい場合も、メーカーは少ないですが対応している水宅配会社があります。

では、ミネラルを追加しない純粋なRO水は、どんな人に必要とされているのでしょうか?
それは、熱帯魚の水槽の水は、魚の品種によっては、水のミネラルバランスまで調整が必要な場合があるので、プロの方は、RO水から必要なミネラル等を自分で追加して水槽に入れているようです。 また、加湿器やアイロンへ補給する水は、水道水やアルカリイオン水では、そのミネラル分で白い粉(カルシウム等)が付着して目詰まりをするので、RO水を利用する人が良いとされています。
これらは、特別な場合で、通常の飲み水は、ミネラルを追加した方が、美味しいです。
また、不純物を完全に取り除かれた水なので、安全志向の方にも最適です。

RO水のつくられる仕組み