ミネラルウォーターとナチュラルウォーターの違い

水の分類

農林水産省のガイドラインによると、水は、下記4種類に分類・定義されています。
普段、我々が飲んでいる水道水は、ボトルドウォーターに分類され、よく言う天然水と呼んでいるもの(ほぼ自然の水)は、ナチュラルウォーターに分類されます。 我々がよく耳にするミネラルウォーターは、原水の混合、ミネラル分の追加等の処理をしているものを言います。

品名 原水 処理方法
ナチュラルウォーター 特定水源より採水された地下水 濾過、沈澱および加熱殺菌に限る。
ナチュラル
ミネラルウォーター
特定水源より採水された地下水のうち、地下で滞留または移動中に無機塩類が溶解したもの。鉱水、鉱泉水など 濾過、沈澱および加熱殺菌に限る。
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じ 過および過熱殺菌以外に次に揚げる処理を行ったもの。
・複数の原水の混合
・ミネラル分の調整
・オゾン殺菌・紫外線殺菌
・ばっ気など
ボトルドウォーター 飲用適の水(純粋、蒸留水、河川の表流水、水道水) 処理方法の限定なし

参照:農林水産省 ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドラインより