おいしい水とまずい水

赤ちゃんに飲ませる水で気をつけること

赤ちゃんには「湯冷まし」

赤ちゃんに飲ませる水は、気を付けた方がいいです。 もちろんミルクを作るときの水も同様です。 水道水がよくないことは皆さんご存じですが、じゃあどうすればいいのでしょうか?
一番手軽にできることは、水道水を一度沸騰させてから、人肌まで冷ました水を使うことです。
これを「湯冷まし」と呼んでいます。
あまりようないと言われるのは、ミネラルウォーターを飲ませることです。 赤ちゃんには、このミネラルたっぷりの水を飲むと、肝臓に負担がかかる為、よくないとされています。 あまり飲みすぎるとお腹をこわす恐れがあります。

赤ちゃんのいる家庭で水宅配

赤ちゃんのいる家庭では、水宅配が威力を発揮します。
赤ちゃんを育てることは大変な普段です。 その中でも、数時間ごとに必要なミルクづくりです。赤ちゃんが泣き叫ぶ中、ミルクをつくるわけですから、たいへん焦ります。 ミルクを溶かす為の熱いお湯、赤ちゃんの飲める熱さにする為に入れる湯冷ましなど、水宅配のウォーターサーバーがあれば、簡単に出来てしまいます。
赤ちゃんを育てることは大変ですから、せめてミルクづくりを楽にできたらどれだけいいか。
ぜひ水宅配の良さを分かって頂き、赤ちゃんが生まれる前に導入してみてね。
そのときは、なるべくミネラルが少ない水で、赤ちゃんがいたずらできないようなチャイルドロック機能がついたものを選んでね。