ダイエット

水のダイエット効果

水分不足は万病の元

水分不足になると、便秘や体調不良を引き起こしやすい体になります。
人は、毎日2リットルぐらいの水を飲むと良いとされていますが、この2リットルという水の量は、意外と多く、コーヒーや紅茶で水分を摂る方にとっては、不可能に近い量です。
できれば、美味しい水か、美味しい水で作ったお茶を1リットルぐらい水筒に入れ、出かけるときには鞄に忍ばせておくとよいでしょう。 残りの1リットルは、3食の食事でまかなえます。
水筒ではなくて、自動販売機で買えばいいや!と思っていると、ついついケチってなかなか買わないものです。 少しでものどが渇いたと感じたら、すぐ水筒の水を飲むのです。 自動販売機の短所は他にもあって、美味しいジュースの誘惑に負けてしまう可能性があるからです。ジュースには、相当な量の糖分が入っています。 この糖分を摂ってしまっては、ダイエットが台無しです。

水をたくさん飲むと痩せるの?

水をたくさん飲むと痩せるのか?
そんな情報がネット上であふれています。 しかしそんなことはありません。 ダイエットをしている人にとっての最低限の心得くらいに思ってください。 ダイエットをしている人は、口にする食事も少なくなりますから、自然と口にする水分も少なくなります。 そうすると、便秘になりやすくなり、それがダイエットの妨げにもなります。 ですから、ダイエットしている人は、意識的に水分を摂る必要がでてくるのです。